2020年2月22日ころがし2回転目

こんにちは、ゆんつです。

「ころがし」を開始して約1か月。

先週の共同通信杯のビターエンダーの複勝を的中し、ようやく「ころがし」が1回転しました。

ゆんつ
伝説の幕開けです

複勝が460円もついたので、配当金は4,600円になりました。

この配当金をそっくりころがします。

うま
ようやく「ころがし」らしくなってきた

今回は2回転目に挑戦です。

ころがし対象馬

2020年2月22日 東京11レース ダイヤモンドステークス

⑦タガノディアマンテ

の複勝に前回の配当金全額の4,600円をかけます。

2019年のクラシックレースを皆勤賞。

しかも、そのクラシックレースは全て外枠(皐月賞16番枠、ダービー16番枠、菊花賞17番枠)という運のなさ。

ゆんつ
まるで僕のようです

そんな不利な枠順でも2桁着順がなかったように、大きく負けてはいません。

クラシックレースの中でも特に目を引いたのは菊花賞。

勝負処で一番最初に動きはじめ、3コーナー過ぎから一気に大外をまくって4コーナーで先頭集団にとりつきました。

直線はジリジリとした伸びになってしまい結果7着でしたが、とても見せ場のあるレースで潜在能力の高さや長距離への適性を感じさせるものでした。

馬体をみてもスラッとした体形で、長距離レースはピッタリだとおもいます。

3歳時は歯がゆいレースが続きましたが、前走の「万葉ステークス」でようやく持っている素質の一端が垣間見えた気がします。

3歳時はずっと同世代のトップクラスと戦っており、今回は前走「万葉ステークス」より相手は強化されますが、それでも3歳時に戦っていたメンバーよりは戦いやすいと思います。

斤量もは前走の53kgよりも2kg増えますが、クラシックレースでは57kg背負って戦っていたのです。

斤量55kgなら大きな影響はないとみます。

この相手なら3着は外さないんじゃないかなと思います。

今年の長距離路線を賑わす1頭だと思っているので、タガノディアマンテの複勝につっこみます。

うま
単勝買ったら?
ゆんつ
それは怖い・・・

2回目転がりますように!

結果

タガノディアマンテは7着でした。

レースは前半からポツンと離れた最後方を進み、2週目の向こう正面でも1頭だけ離れた最後方でした。

僕はその時点で

ゆんつ
もう駄目だ

とあきらめていました。

3コーナー過ぎから外を捲ってなんとか後方集団には追い付きましたが、直線もほとんど伸びませんでした。

レース後の川田騎手のコメントは

左回りだと右のほうへ逃避してしまって、今日は競馬になっていない形でした

とのことでした。

左回りはダービーだけしか経験がなく、あまり得意ではないのかもしれませんね。

うま
お前は馬券が得意じゃないのかもしれないな

というわけでころがしは2回転目であっさり終了です。

ゆんつ
また仕切り直しです

今回の敗因は「当てにいった」ことです。

僕は基本的に1番人気は買いません。

それなのに2回転目をさせたいあまり、当てに行ってしまい撃沈しました。

自分らしさを失うとこういう結果になります。

来週から、また頑張ります。

ゆんつ
それでは、また来週