【2020年】弥生賞回顧

こんにちは、ゆんつです。

2020年3月8日(日)。

中山競馬場でG2「弥生賞」が行われました。

悪天候で重馬場の弥生賞を制したのはサトノフラッグ。

2着馬に1馬身以上の差をつけた完勝でした。

そして2~4着までをホープフルステークス組が占めました。

そんな「弥生賞」を振り返ります。

レース結果

1着 ①サトノフラッグ
2着 ⑧ワーケア
3着 ⑩オーソリティ
4着 ⑤ブラックホール
5着 ④オーロアドーネ

ペース

1,000m通過が1:01.1。

重馬場だったことを考えればミドルペースだったと思います。

レース回顧

勝ったのはサトノフラッグ

中団やや後方からのレース。

3コーナー過ぎで軽く仕掛けられるとスーッと外目を通って位置取りをあげ、4コーナーではすでに先団の外目に取り付いていました。

直線では早々に先頭に立つとオーソリティを競り落とし、一旦は詰め寄ってきた2着馬のワーケアをゴール手前で再度突き放して完勝しました。

仕掛けられたときの反応の良さや、追われてからの脚色など現時点で何の注文もないような勝ち方だったと思います。

新馬戦が重馬場で6着に敗退しているように今日の重馬場は少し不安でしたが、まったく問題なくこなしていたように適応能力も高いんだと思います。

ゆんつ
皐月賞が楽しみなりました

2着はワーケア

中団馬群を追走し、3コーナー過ぎでの勝負処では馬群の中でポジションをあげて4コーナーでは先団直後につけていました。

ただこの時に勝ったサトノフラッグはもうすでに先頭集団の外にいて、先頭に立つ勢いでした。

直線はサトノフラッグの後ろを良く伸びてきてオーソリティは交わせましたが、サトノフラッグには最後にもう一回突き放されての2着となりました。

負けましたが終いの脚は堅実で、安定して力を発揮する馬です。

3着はオーソリティ

5番手から競馬を進め3コーナーから早目に動いて位置取りを上げて先頭集団直後の外目に取り付きました。

そのさらに外からサトノフラッグも上がってきて、4コーナーでは両馬が馬体を接しながら先頭争い。

最後の直線ではサトノフラッグに競り落とされ、後ろから来たワーケアにも交わされて3着。

現状の力は出し切った3着だと思います。

4着はブラックホール

後方2番手で競馬を進め、3コーナーではサトノフラッグの進出に合わせるかのように、サトノフラッグの少し後ろを連れて上がってきました。

サトノフラッグとは手ごたえが違いすぎましたが、直線は追われるごとに伸びてきてオーソリティとは差のない4着となりました。

前走のホープフルステークスでは大敗しましたが、よく巻き返してきたと思います。

2歳時に函館、札幌で良績を残しているように、渋って時計がかかる今回のような馬場は向いているのかもしれません

5着はオーロアドーネ

前3頭から離れた4番手を追走。

3コーナー過ぎからいち早く動き始め、オーソリティと一緒になって上がっていき4コーナーでは3番手外目で先頭集団に加わりました。

直線では馬場の内目をまずまず伸びてきたのですが5着どまり。

勝負所での反応は上位陣と変わらないくらいよい手応えで、2戦目というキャリアを考えれば上出来だと思います。

レース全体の印象としては、サトノフラッグの強さが目立ったレースでした。

いつもより後ろの位置取りで外を回ってホープフルステークス組に着差をつけて勝つのですから、実力が頭1つ抜けています。

皐月賞の最有力候補だと思います。

正直今日の相手とはこの弥生賞で勝負付けが済んでしまった印象があり、皐月賞本番は他のトライアルレースの上位馬や皐月賞に直行するコントレイルとの争いになりそうな気がします。

次走に向けて気になった馬

特になし。

来週以降のトライアルレースでサトノフラッグを負かせそうな馬が出てくるか楽しみです。

ゆんつ
それでは、また来週