【2020年】東海ステークス回顧

こんにちは、ゆんつです。

2019年1月26日(日)

京都競馬場でG2「東海ステークス」が行われました。

結果は凱旋門賞帰りのブラストワンピースが貫録の勝利!

G1馬の強さを見せつけました。

そんな「AJCC杯」を振り返りたいと思います

レース結果

1着 ⑦エアアルマス
2着 ⑮ヴェンジェンス
3着 ⑬インティ
4着 ③アングライフェン
5着 ⑭キングズガード

ペース

12.3 – 11.7 – 12.9 – 12.4 – 12.4 – 12.3 – 12.0 – 11.9 – 12.3

1,000m通過は1分1秒7

ややスローペースなレースだったと思います。

レース回顧

レースはインティがハナにこだわらなかったため、スマハマがあっさり先手を奪いました。

勝ったエアアルマスが好位4番手外。

インティは中団やや前の外目で競馬を進めます。

アングライフェン、モズアトラクション、ヴェンジェンスはインティより少し後ろの中団あたり。

キングズガードは最後方からの競馬。

勝ったエアアルマスは4コーナーで持ったままで先頭に並びかけて、直線先頭に立つと4コーナーでは並んでいたインティを突き放し、追ってくるヴェンジェンスも振り切りました。

エアアルマス能力は高いのですが、砂を被ると競馬をやめてしまうところがある馬です。

今日は重馬場で砂があまり舞い散らなかったことや、好位外目からの早目先頭の競馬で砂を被らなかったことが能力発揮につながったのだと思います。

2着のヴェンジェンスは3コーナー過ぎから外を回って位置取りを上げ、4コーナーでは先頭集団の後ろに取り付いていました。

4番手くらいで直線に向きインティは競り落としたのですが、勝ち馬には届かず2着。

同じコース同じ距離の「みやこステークス」を勝ったのは伊達ではありませんでした。

年齢はもう7歳ですが、今が一番充実してるような気がします。

3着はインティ。

「みやこステークス」ではスマハマとともに先行争いをしてハイペースを生み出しましたが、今日は控える競馬。

4コーナー手前から位置取りをあげていき、4コーナーでエアアルマスのぴったり外を回って直線に向きましたが、直線に入るとすぐに離されてしまいました。

それでも最後までしぶとく走っており、フェブラリーステークスの予行練習と考えれば上出来だと思います。

4着はアングライフェン。

道中は中団馬群で直線馬場の真ん中に持ち出すスムーズな競馬ができましたが、今日の流れではここまで差してくるのが精一杯でした。

5着のキングズガードは最後方からの直線勝負。

9歳馬なのにもかかわらず、直線では馬場の真ん中をついてよく伸びてきました。

全体的にペースが遅めで、好位でレースをした馬と早めに動いた馬たちで決まったレースだと思います。

次走に向けて気になった馬

インティ

今日はエアアルマスに完敗しましたが、斤量差が2kgありました。

本番のフェブラリーステークスが良馬場なら、今日の差は逆転できると考えています。

まあ、このレースの上位馬以外にほかに強い馬が出てくるので本命にするかはわかりませんが、今日の競馬は次につながる競馬だったと思います。

(次走 フェブラリーステークス 14着)

ゆんつ
それでは、また来週