【2020年】スプリングステークス回顧

こんにちは、ゆんつです。

2020年3月22日(日)中山競馬場でG2「スプリングステークス」が行われました。

勝ったのは10頭立て6番人気の伏兵ガロアクリーク。

6番人気が嘘のような完勝でした。

休養明けで圧倒的1番人気のヴェルトライゼンデもしっかりと2着を確保し皐月賞に向けて順調なスタートを切りました。

そして3着はサクセッション。

以上の3頭が皐月賞への優先出走権を得ました。

そんな「スプリングステークス」を回顧します。

レース結果

1着 ⑦ガロアクリーク
2着 ③ヴェルトライゼンデ
3着 ⑨サクセッション
4着 ⑤ファルコニア
5着 ⑧アオイクレアトール

ペース

1,000m通過が1:03.2。

ゆんつ
遅い!

前半800mが後半800mよりも4秒も遅く「超」がつくほどのスローペースだったと思います。

レース回顧

逃げたのは大方の予想通りアオイクレアトール。

何も競りかけてくる馬がおらず超スローペースでの逃げとなりました。

勝ったガロアクリークはそんな流れを中団やや後方で追走。

3コーナー過ぎ、後方にいたサクセッションが自分の外目を上がっていこうとしたときに併せて前に進出。

4コーナーでは内のヴェルトライゼンデと外のサクセッションと雁行するような形で先頭集団に並びかけます。

そこからは一番良い手応えで伸びてきて、最後は内にいるヴェルトライゼンデとの追い比べとなりましたが、ゴール前ではヴェルトライゼンデを突き放して快勝しました。

これまでの戦績が嘘のような強さで、長くいい脚を使っておりフロックではなさそうな勝ち方でした。

2着はヴェルトライゼンデ。

道中は中団。

3コーナー過ぎから徐々に進出し4コーナー手前では先頭集団の直後。

4コーナーでガロアクリークと並び、直線も一緒になってよく伸びてきましたが、最後は休養明けのためか突き放されてしまい2着まで。

休養明けで無難なレースができたと思いますが、勝負処で手が動いているのに少し反応が遅いような感じがあり、やはりこの馬には1,800mという距離は少し短いような気もします。

3着はサクセッション

超スローペースを後方2番手から。

3コーナー過ぎから一気に大外をまくり、前を行く勝ち馬のガロアクリークと併せ馬のような形で先頭集団に接近。

そして4コーナーでは先頭集団の外目に取り付きました。

大外を早めにまくった影響からか直線ではガロアクリーク、ヴェルトライゼンデとの叩き合いからいち早く脱落。

それでも何とか3着は確保しました。

今日のペースで後方から大外まくりは厳しかったですね。

ゆんつ
今日のレースを見るとやはりマイルまでの馬のような気もします

4着はファルコニア

前半は最後方から競馬を進めていましたが、ペースが遅いとみて向こう正面で一気にポジションを上げて3番手外目。

直線1,2着馬には突き放されましたが、激しい3着争いを演じての4着。

途中で位置取りを上げたのはペース的には正解だったと思いますし、4着という結果が現状の力なんだと思います。

5着はアオイクレアトール

超スローペースの恩恵を受けて最後も3着争い加わっていました。

ペースの助けによるところが大きかったと思います

ココロノトウダイはまだこのクラスでは力不足ですね。

最後に

1800mのレースにしてはあまりにもペースが遅いレースで、本番の皐月賞に結びつくのかよくわからないレースだったと思います。

僕としては前後半のタイム差が少ない弥生賞組のほうが本番に結びつくのではないかと現時点では考えます。

来週は毎日杯もありますし、そのあたりの結果をみて皐月賞を予想しようと思います。

ゆんつ
それでは、また来週