【2020年】皐月賞回顧

こんにちは、ゆんつです。

2020年4月19日(日)中山競馬場でG1「皐月賞」が行われました。

見事に一冠目を手にしたのはコントレイル。

皐月賞では近年1枠はあまりいい結果が出ない枠でしたが、それを見事に覆して堂々たる勝利でした。

そして2着にサリオス。

奇しくもトライアルレースを使わずに本番に直行した2頭のワンツー決着となりました。

そんな「皐月賞」を回顧します。

レース結果

1着 ①コントレイル
2着 ⑦サリオス
3着 ⑯ガロアクリーク
4着 ⑧ウインカーネリアン
5着 ⑤サトノフラッグ

ペース

前半が後半より約1秒速いですがハイペースという程でもなく、ミドルペースだったと思います。

ペースを見てみると最初の800mまでは比較的速めで、そこから400mくらいペースが緩んで、最後の800mにかけてまた加速していってるのがわかります。

レース回顧

レース前に調教師が宣言していたようにキメラヴェリテが逃げてレースを引っ張りました

1着 コントレイル

道中は中団後方。

3コーナー過ぎから徐々に外に持ちだしてスムーズにポジションを上げていき4コーナーでは先頭集団の大外まで進出。

直線では4コーナーで内から併せてきたサトノフラッグをあっさり競り落とすと、先に抜け出したサリオスを猛追。

同じような脚色で内から伸びるてくるリオスをゴール前でねじ伏せて見事に1着でゴールイン。

通常ならサリオスが勝っていたレースで、それをねじ伏せるのですから相当な強さだと思います。

3歳時に他の馬たちよりも2枚くらい格上の勝ち方をしていたように、まさにここでも「力が違った」という感じです。

道中は馬群で待機して無駄な動きをせず、勝負処でスムーズに外に持ちだす好騎乗も光りました。

本番ぶっつけの臨戦過程でしたが、仕上がりも良かったです。

2着 サリオス

道中は中団前目。

4コーナー手前では先頭集団直後の馬群で虎視眈々と前を射程圏内に捉えていました。

直線に入るとキメラヴェリテとウインカーネリアンの間を割ってあっさり先頭に立ちましたが、先頭に立った瞬間に外から一気にコントレイルが並びかけてきます。

そこからは2頭のマッチレース。

最後はコントレイルに屈する形となりました。

ロスの無いレース運びで完璧な競馬をしており、相手が悪かったというしかありません。

3着馬を3馬身以上離しているように、この馬も強いです。

ゆんつ
相手が悪かった

3着 ガロアクリーク

中団馬群での競馬。

勝負処でも外を回さず、馬群の中でポジションを上げていきます。

直線ではコントレイルの後ろをよく伸びてきましたが、前を行くコントレイルやサリオスとの差はつまりませんでした。

それでも大健闘の3着だったと思います。

1戦ごとに強くなってる印象です。

4着 ウインカーネリアン

キメラヴェリテを行かせて2番手からの競馬。

4コーナー手前からキメラヴェリテに並びかけ先頭で直線に向きましたが、すぐに内からサリオスに交わされてしまいます。

そして外からコントレイルにもかわされてしまいますが、そこからがとてもしぶとくガロアクリークにも交わされはしましたが4着に粘りこみました。

前に行った馬の中では良く残っており大健闘だったと思います。

5着 サトノフラッグ

道中は中団外目。

3コーナー過ぎからジワジワとポジションを上げ、4コーナー手前では外目の6番手。

4コーナーではコントレイルが外から上がってくるのを、内側から併せながら先頭集団に並びかけていきました。

しかし直線では外のコントレラスにあっさりと競り落とされ、前を行くウインカーネリアンも捕まえられません。

最後はギリギリ5着を確保しましたが、力負けといった感じの負け方でした。

6着 ダーリントンホール

スタートがイマイチでなおかつ隣のキメラヴェリテとぶつかる不利で中団後方からの競馬となりました。

3コーナー過ぎでコントレイルが仕掛けて一気にポジションを上げたときに、同じように仕掛けていましたがなかなかポジションを上げられません。

直線入り口でもまだ後方の外目にいましたが、そこから結構伸びてきて6着。

スタートの不利を考えるとよく走っています。

小回りの中山よりも東京向きの馬だと思います。

8着 ヴェルトライゼンテ

中団馬群での競馬。

勝負処で上位馬が手応え良くポジションを上げていくのとは対照的に、なかなか位置取りを上げられません。

直線は内をついて、そのまま流れ込んだ感じのレースとなりました。

あまり見どころはありませんでした。

16着 クリスタルブラック

いつもどおり後方からの競馬。

直線全く伸びませんでした。

休み明けもあるとは思いますが、今まで戦ってきた相手と今回のメンバーとでは力が違いすぎた感じですね。

まとめ

レースはスローペースにならず、どの位置取りからでも上位が狙えるちょうどいいペースになったと思います。

勝ったコントレイルは勝負所で外を回してサリオスに勝つのですから、やはり中距離では力が抜けている印象です。

サリオスも初めての中山コース、そして初めての2000mをよく克服したと思います。

この2頭は文句なく強いです。

3着以下の馬は上位の2頭とはかなり力の差があるように感じました。

そんな3着以下の馬たちの中で見どころがあったのはダーリントンホール。

出遅れて勝負処で置かれ気味になりながらも、ほぼ直線だけの競馬で6着まできました。

この馬は皐月賞よりもダービーの方が合いそうなので楽しみです。

これからダービーに向けてコントレイルやサリオスに対抗できるような馬が出てくるのかトライアルレースなどをじっくり見たいと思います。

ゆんつ
それでは、また来週