【2020年】根岸ステークス回顧

こんにちは、ゆんつです。

2020年2月2日(日)

東京競馬場でダートG3「根岸ステークス」が行われました。

結果は、このレースが初ダートとなったモズアスコットが完勝!

去年の覇者コパノキッキングは2着となりました。

そんな「根岸ステークス」を振り返ります。」

レース結果

1着 ⑪モズアスコット
2着 ⑤コパノキッキング
3着 ⑦スマートアヴァロン
4着 ⑮ダノンフェイス
5着 ⑥ワイドファラオ

ペース

1,000mは通過59.2。

ゆんつ
少し早いペースだと思います

レース回顧

レースは予想通り大外枠からドリームキラリがハナに立ち淀みのない流れになりました。

勝ったモズアスコットは出遅れ。

それでも道中どんどん位置取りをあげ4コーナー手前では中団外目まで進出。

直線もよく伸びて先に抜けたコパノキッキングをラスト100メートル過ぎでとらえると1馬身半の差をつけて1着でゴールしました。

出遅れたのにもかかわらず圧勝とも言っていいような内容で、能力とダート適性の高さを見せつけました。

2着のコパノキッキングは好スタートから2番手で競馬を進め、直線でも持ったままで逃げるドリームキラリを交わしました。

そのまま押し切るかに見えましたが、最後はモズアスコットにねじ伏せられる形になりました。

やはり1200mが適距離なんだと思います。

3着のスマートアヴァロンは中団後方からの競馬。

直線も外目をよく伸びてきましたが3着まで。

この馬は勝ちきれませんが、1400mならいつも堅実に追い込んできます。

4着のダノンフェイスは中団からの競馬。

直線では勝ったモズアスコットと一緒に伸びてきましたが、ラスト300メートルあたりでモズアスコットに離されて、その後もじりじり伸びてきましたが4着までが精一杯でした。

力は出し切ったと思います。

5着はワイドファラオ。

好位4番手から競馬を進め、直線ではいったんコパノキッキングに並びかけそうな場面もありました。

でもラスト300mくらいから離されてしまい、その後はじりじりとした伸びで5着。

負けはしましたが近走では一番内容がいい競馬をして復調をうかがわせる内容でした。

人気馬のミッキーワイルドは好位直後のいい位置でロスのない競馬をしましたが、ラスト200m過ぎから失速。

11着と惨敗しました。

同じ競馬場の同じ距離で行われた霜月ステークスとは時計が1秒2も違うので、これまでとは勝手が違い、レベルの高いレースに対応できなかったのかもしれません。

僕が本命に推したドリームキラリは14着。

スタート後すんなりハナを奪うかと思いましたが、コパノキッキングやヨシオなどが積極的に前に出てきて、なかなかハナに立てませんでした。

おまけにコパノキッキングに早め早めの競馬をされてしまい、直線は早々に脱落。

もう少し楽なレースができるかと思いましたが、そんなに甘くなかったですね。

次走に向けて気になった馬

ワイドファラオ

前走チャンピオンズカップでは惨敗でしたが、このレースで復調の兆しが見えました。

ユニコーンステークス勝ちがあるように、忙しい1400mよりも1600mのほうが会いそうですし芝でも走れる馬ですので、芝スタートのフェブラリーステークスではもっと前進が見込めるような気がします。

(次走 フェブラリーステークス 12着)

ゆんつ
それでは、また来週