【2020年】中山記念回顧

こんにちは、ゆんつです。

2020年3月1日(日)

競馬場でG2「中山記念」が行われました。

勝ったのはダノンキングリー。

2着以下を寄せ付けない完勝でした。

同一レース3連覇がかかっていたウインブライトは7着。

ゆんつ
残念

そんな「中山記念」を回顧します。

レース結果

1着 ③ダノンキングリー
2着 ⑦ラッキーライラック
3着 ④ソウルスターリング
4着 ①インディチャンプ
5着 ⑤ペルシアンナイト

ペース

マルターズアポジーとソウルスターリングが後続を離して先行し1,000m通過は59.3。

このクラスにしては少しスローなレースで、特に前の2頭から離れていた3番手以降はスローだったと思います。

レース回顧

予想通りマルターズアポジーが逃げて、それにソウルスターリングがついていき、この2頭が3番手以下を離す感じでレースをのペースを作りました。

勝ったダノンキングリーは前を行く2頭から離れた3番手のラチ沿いを追走。

3コーナー過ぎから徐々に前との差を詰め、4コーナーもラチ沿いを回って直線だけ少し外目に持ち出すとあっさりと前を行く2頭を交わし、後続を寄せ付けずにゴール板を駆け抜けました。

出遅れもなく、全くロスの無い騎乗で完勝といっても良い勝ち方でした。

今年の中距離G1で主力になる1頭だと思います。

2着はラッキーライラック

道中はダノンキングリーを見ながら4番手の競馬。

3コーナー過ぎから各馬が仕掛けた時に、あまり手ごたえが良くなくムチが入る状態でした。

4コーナーでは4番手でしたが、直線に向いたときにはラチ沿いを追走していたインディチャンプにコーナーワークで交わされて5番手。

でもそこからは追われるごとに伸びてきて、粘るソウルスターリングをゴール前で交わして2着になりました。

ゴール前50mくらいからの伸び脚は際立っていたので、もう少し距離があったほうがよさそうです。

3着はソウルスターリング

逃げるマルターズアポジーを見ながら2番手追走。

4コーナーで逃げるマルターズアポジーに並びかけて直線でマルターズアポジーを競り落とそうとしたところに外から一気にダノンキングリーに交わされてしまいました。

それでもそこから粘り腰をみせて、ゴール手前ラッキーライラックに交わされましたが3着は死守しました。

ペースに恵まれたと思います。

4着はインディチャンプ

道中は中団のラチ沿いを追走。

全くロスなく回ってきて直線もきれいに前が開きましたがイマイチ伸びきれませんでした。

毎日王冠の時に手ごたえ抜群だったのに3着になったように、一線級相手の1,800mは少し距離が長いのかもしれません。

ゆんつ
海外遠征帰りも影響したかもしれませんね

5着はペルシアンナイト

後方待機で3コーナー過ぎから一気に外目をまくって位置取りを上げて4コーナーではラッキーライラックのぴったり外側にいました。

直線は馬場の真ん中を伸びてきているのですが、やはり勝負処で終始外目を回ったこともあり前を行く馬との差をなかなか詰められずに5着でした。

3連覇がかかったウインブライトは7着。

中団やや後方からレースを進めましたが、勝負処での反応がいまいちで前との差を詰められず流れ込んだだけのレースになってしまいました。

このレースで引退のマルターズアポジーは6着でした。

最後のレースも逃げて競馬ファンをを楽しませてくれました。

全盛期の力がある時だったら今日のペースなら馬券になっていたような気がします。

ゆんつ
お疲れさまでした

レース全体の感想としてはスローペースだったので、枠が内目で比較的前で競馬をしラチ沿いをロスなく回った馬に有利なレースだったと思います。

次走に向けて気になった馬

ラッキーライラック

年齢とともにズブくなっている感があり、今日のレースでも3コーナー過ぎの勝負処で反応が悪くムチが入っていました。

でもそこから直線しっかり伸びて2着にくるあたり、やはり地力の高い馬だと思いました。

ゴール手前での伸び脚は目を引くものがあり、もう少し距離があればと感じさせるものでした。

また、今日は枠が外目でラチ沿いを取れませんでした。

もう少し内の枠だったなら、勝ち馬との差はもう少し詰まっていたような気がします。

もう少し距離があったほうがよさそうなので、次走(大阪杯)が楽しみになりました。

ゆんつ
それでは、また来週