【2020年】京都記念回顧

こんにちは、ゆんつです。

2020年2月16日(日)

京都競馬場でG2「京都記念」が行われました。

全国的に天気が崩れ、京都も雨が降ったことから重馬場でのレースとなりました。

結果は4歳牝馬のワンツー!

4歳世代の強さを印象付けるレースとなりました。

そんな「京都記念」を振り返ります。

レース結果

1着 ⑦クロノジェネシス 
2着 ①カレンブーケドール
3着 ⑤ステイフーリッシュ
4着 ⑨ノーブルマーズ 
5着 ⑥アルメリアブルーム

ペース

1,000m通過は61秒1で重馬場ということを考えると大逃げしたアメリカズカップは少し早めのペース。

離れた2番手以下の馬たちはミドルペースだったと思います。

レース回顧

アメリカズカップが2番手以降を離す大逃げでレースを引っ張りました。

1着はクロノジェネシス。

ゲートでうるさいところを見せていましたが、出遅れることもなくスムーズなスタート。

道中は3番手の好位でレースを進めました。

スムーズにレースを進め直線半ばで先頭に立つと、後続を寄せ付けずにそのまま押し切りました。

横綱相撲といってもいいほどの完勝で、中距離なら牡馬相手でも引けを取らないと思います。

また、デビュー戦や秋華賞を稍重で勝ったように、こういう馬場も苦にしないのかもしれません。

今日は休養明けで馬体が12kg増えていましたが全く太く見えず、レースぶりを見ても増加分はそのまま成長分だったようです。

2着はカレンブーケドール。

後方2頭目でレースを進め、3コーナー過ぎから徐々に前に進出。

4コーナー回ったところではクロノジェネシスの直後まで位置取りをあげていました。

そこからこの馬も伸びているのですが、追えども追えどもクロノジェネシスとの差が詰まらずに2着。

今日のところはクロノジェネシスに完敗です。

ですが、この馬も牡馬にひけをとらない力があります。

また、この馬も悪い馬場を気にしないタイプのようです。

3着はステイフーリッシュ。

2番手追走で早めの競馬をして粘り込みを図るいつものパターンでしたが3着まで。

勝ちきれませんが、いつも堅実に走る馬です。

4着ノーブルマーズは中団やや後方。

直線は馬場の真ん中をジリジリ伸びてきました。

宝塚記念を3着した頃の全盛期の力は感じませんが、前走の中山金杯から復調気配がうかがえるので、G3くらいなら馬券になりそうな気がします。

5着は引退レースのアルメリアブルーム

中団やや後方のラチ沿いでレースを進めて直線もこの馬なりによく伸びていますが、やはりここでは力が足りなかった印象です。

ゆんつ
お疲れ様

今年の京都記念は4歳牝馬2頭の強さが目立ったレースで、この2頭は牝馬限定のG1だけでなく、牡馬とのG1でも十分に戦える力があることを再認識させられました。

次走に向けて気になった馬

なし

ゆんつ
それでは、また来週