【2020年】きさらぎ賞回顧

こんにちは、ゆんつです。

2020年2月9日(日)

京都競馬場でG3「きさらぎ賞」が行われました。

レースを制したのはブービー人気のコルテジア。

断然人気のアルジャンナはスローペースのレースをよく追い込んできたものの3着までが精一杯でした。

そんな伏兵が制した「きさらぎ賞」を振り返ります。

レース結果

1着 ① コルテジア
2着 ⑦ ストーンリッジ
3着 ⑧ アルジャンナ
4着 ④ ギベルティ
5着 ③ トゥルービル

ペース

1,000m通過は62秒で、かなりスローペースだったと思います。

ゆんつ
後半が前半より3秒も速い!

レース回顧

レースは予想通りギベルティが逃げてスローになりました。

勝ったコルテジアは3、4番手外目。

道中は2着のストーンリッジをマークするかのように、ストーンリッジの後ろでをじっくりとレースを進めました。

3コーナー過ぎでストーンリッジが上がっていくときもピッタリと追走し、4コーナーでもストーンリッジの直後にピッタリくっついて直線に向くと、直線でストーンリッジの外に持ち出してゴール前で交わして1着。

緩いペースを前目で競馬をして、直線もしっかり伸びるというメンバー中最多のキャリアを感じさせる上手なレースでした。

ジョッキーもこの馬の持ち味を存分に発揮させた好騎乗だったと思います。

2着のストーンリッジは2番手で競馬をし、4コーナー手前で早くもギベルティに並びかけました。

直線半ばで先頭に立ちましたが、後ろでマークしていたストーンリッジにゴール前できっちり交わされてしまいました。

この馬も勝ち馬同様に自在性があり、レースの上手な馬です。

3着はアルジャンナ。

レースでは勝ち馬コルテジアのやや後方の中団。

3コーナー過ぎからレースがペースアップした時にコルテジアとストーンリッジが一気に前に進出したのとは対照的に少し置かれる感じになってしまいました。

結果的にこのときの差が最後まで響き、直線追い込んできたものの3着までが精一杯。

能力はあるのでしょうが、器用さにやや欠けるタイプなのかもしれません。

4着はギベルティ。

スローペースに落として逃げたにもかかわらずギリギリ4着なので、重賞ではまだ荷が重いように見えました。

5着はトゥルーヴィル。中団後方のラチ沿いでレースを進め、直線もまずまず伸びました。

自己条件に戻れば好勝負できると思います。

今年の「きさらぎ賞」はレースが上手で器用な馬が1,2着になったレースで、クラシックには直結しないような気がしました。

次走に向けて気になった馬

なし!

ゆんつ
それでは、また来週