【2020年】フィリーズレビュー回顧

こんにちは、ゆんつです。

2020年3月15日(日)阪神競馬場でG2「フィリーズレビュー」が行われました。

勝ったのは5番人気のエーポス。

2着のヤマカツマーメイドに1馬身半差をつける快勝でした。

3着には12番人気のナイントゥファイブが入線するなど、やや波乱含みのレースとなりました。

そんな「フィリーズレビュー」を回顧します。

レース結果

1着 ⑤エーポス
2着 ⑦ヤマカツマーメイド
3着 ⑥ナイントゥファイブ
4着 ①カリオストロ
5着 ③フェアレストアイル

ペース

800m通過が45.0で1000m通過が56.5。

前半が後半よりも2.6秒も速く、かなりハイペースのレースだったと思います。

レース回顧

カリオストロが1枠からハナに立ってハイペースでレースを引っ張りました。

勝ったエーポスは前半少しかかりそうになりつつも折り合いをつけて、中団からの競馬となりました。

7番手くらいの位置取りで直線に向き、直線は外には出さずに内目を追い上げます。

幸いにも前が塞がることはなく、追われるごとにグイグイと伸びて先に抜け出したヤマカツマーメイドをラスト50mくらいで捉えるとあっさりと抜き去って突き放しました。

ハイペースながらも結果を見ると比較的前に行った馬が掲示板に残っており、それを差し切ったのは価値があると思います。

また、全くロスの無い騎乗をした岩田騎手の手腕も光ったと思います。

2着はヤマカツマーメイド

好位馬群の4番手あたりでレースを進め、直線ラスト200mを切ってから前をいくカリオストロとナイントゥファイブを交わして先頭に立つという完璧なレースをしました。

最後はエーポスにあっさり交わされてしまいましたが力は出し切っていると思います。

やはり阪神ジュベナイルフィリーズ組は強いですね。

3着はナイントゥファイブ

逃げるカリオストロの直後2番手でレースを進め、直線半ばで並びかけてカリオストロには競り勝ったのですが上位2頭には及びませんでした。

12番人気ながらよく走ったと思います。

4着はカリオストロ

同距離の万両賞では最初の600mを34.1で逃げましたが、今日は33.4の逃げ。

ハイペースで息の入らない逃げになってしまいました。

それでも直線でナイントゥファイブに並ばれてもなかなか抜かせずに、ゴールまでピタッと止まることなく4着に粘りこんだのは大したものだと思います。

ゆんつ
逃げればハイペースになってもしぶとい馬なんでしょうね

5着はフェアレストアイル

道中はエーポスより前の中団ラチ沿いでレースを進めていました。

終始ラチ沿いを回るコースロスの無いレースをして、直線でもきれいに前が開いていましたが5着までが精一杯でした。

持っている力は出し切っていると思います。

休養明けのパフェムリは3番手のラチ沿いという良いポジションをキープしました。

直線でもラスト200mくらいまではよい手応えで伸びてきており、少し期待しましたがそこから伸びあぐねて7着。

休養明けで大きく負けなかなったのは収穫だと覆います。

マテンロウディーバは後方5番手からの競馬。

3コーナー過ぎで外目をまくっていきましたが、直線思ったほど伸びませんでした。

レース全体を振り返ると、ハイペースにもかかわらず差してきたのはエーポスだけで、比較的前が残ったレースだったと思います。

ゆんつ
このペースならもっと差しが届いても良さそうなんですがねぇ

特に直線の外を通った差し馬は全然伸びておらず、内側の馬場を通った馬はかなり有利だったように感じました。

ゆんつ
1~7番枠までが1~7着を占めたように内目の枠の先行馬に有利だったみたいです

そのあたりを踏まえて本番の桜花賞を考えたいと思います。

次走に向けて気になった馬

特になし

フィリーズレビューの結果をみて、勝ち馬のエーポスが出走して4着になったエルフィンステークスは改めてレベルの高いレースだったんだと思います。

あのレースをぶっちぎったディアリングタクトの存在が、桜花賞の予想をする上でとても大きくなりました。

ゆんつ
それでは、また来週