【2020年】弥生賞予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年3月8日(日)中山競馬場でG2「弥生賞」が行われます。

牡馬クラシック初戦「皐月賞」と同じ距離・コースで行われるレースで、いやがおうにも注目が集まります。

今年のメンバーを見ると暮れに行われたホープフルステークで掲示板に乗った馬たちと、未勝利→1勝クラスと強い勝ち方で連勝してきたサトノフラッグが中心のレースとなりそうです。

今回は「弥生賞」を予想します。

出馬表

展開予想

パンサラッサかウインカーネリアンのどちらかがハナに行くのでしょうが、僕は枠が内枠のパンサラッサが逃げると思います。

そしてパンサラッサを行かせて、そのすぐ後ろにウインカーネリアン。

好位にサトノフラッグ。

中団にブラックホール、ワーケア、オーソリティ

後方待機がアラタやメイショウボサツだと思います。

逃げ馬が2頭いますがケンカはしなさそうなので、ペースはスローで流れると思います。

予想

本命 ①サトノフラッグ

新馬戦こそ重馬場を苦にしたのか6着と敗れましたが、良馬場だった未勝利戦と1勝クラスでは本領発揮とばかりに良いタイムで完勝しました。

未勝利戦と1勝クラスどちらも負かした相手は決して弱い馬たちではなく、未勝利戦でこの馬の2着になった馬は次走勝ち上がっていますし、1勝クラスの3着馬は次走1勝クラスで2着になっています。

馬群の中でレースを運べる器用さも持ち合わせておりレースセンスも良いです。

そしてこの馬のなんといっても良いところは追われてからの走る姿勢です。

ゆんつ
フォームがカッコいい

追われるとグッと姿勢が低くなり首をつかってグングンとスピードに乗っていく姿は、いかにも走る馬のフォームで相当奥が深い馬だと思います。

未勝利戦を勝ったときにマーフィー騎手は

自分が今まで乗った中でもトップクラスの馬だと思います

とコメントしており、実際に騎乗したジョッキーが言うのだからその才能は相当なものだと思います。

能力の高さでここも勝ち上がってくれると思います。

対抗 ⑩オーソリティー

前走のホープフルステークス。

11番枠からの発走だったのですが、13番ラインベックがスタート直後に外から内に切れ込んできてポジション取りがいつもより後ろになってしまいました。

ポジションがとれなかったのでレースでは終始外目を回らされる羽目に。

勝負処では一番最初に仕掛けて外を捲って一気に位置取りをあげて、4コーナー回ったところでは5,6番手まで進出。

ただ、そんなレースをして勝てるほどG1は甘くありません。

結果的に直線半ばで脚色が鈍ってしまい、5着になってしまいました。

それでもピタッと止まってしまったわけではなく、レース内容を考えると悲観するものではないと思います。

ホープフルステークスはスムーズにレースができればもっと上の着順だったと思っているので、今回はスムーズなをして巻き返してほしいと思います。

連下 ⑧ワーケア

ホープフルステークスではこの馬もスタート直後にゴチャ付くところがあって位置取りが後ろになりました。

ただこの馬は7番枠だったこともあり、その後は馬群でレースを進めることができました。

オーソリティが外を捲ったのとは対照的に馬群を裁きながら位置取りをあげて、直線だけ外目に出すという無駄のないレースで3着。

終始外々を回ったオーソリティのレースとは対照的でした。

僕としては終始外を回らされたオーソリティのほうがきつい競馬をして健闘したと思うので、ホープフルステークスの着順はワーケアのほうが上ですが連下止まりとしました。

僕の買い目

単勝 ①サトノフラッグ

馬単 ①サトノフラッグ → ⑩オーソリティ

3連単 ①サトノフラッグ → ⑩オーソリティ → ⑧ワーケア

以上です。

うま
どうなることやら

結果

1着 ①サトノフラッグ
2着 ⑧ワーケア
3着 ⑩オーソリティ

というわけで単勝だけ当たりましたが2番人気を当てても自慢できません(笑)

うま
誰でも当てれる

こういうレースできっちり3連単まで当てないと意味がありません。

来週はもっと精進したいと思います。

ゆんつ
それでは、また来週