【2020年】東京新聞杯予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年2月9日(日)東京競馬場でG3「東京新聞杯」が行われます。

このレースで好走した馬は、初夏にこの競馬場の同じ距離で行われるG1レースの「安田記念」や「ビクトリアマイル」も好走するケースが多く注目のレースです。

ゆんつ
去年の覇者インディチャンプは安田記念を制しました

今回は「東京新聞杯」を予想します。

出走表

展開予想

モルフェオルフェが逃げて2番手にキャンベルジュニア。

好位にヴァンドギャルド。

中団からはプリモシーン、サトノアーサー、レッドヴェイロン、シャドウディーヴァ、ドーヴァーあたり。

後方待機がレイエンダ、ケイデンスコール、ケイアイノーテック、クリノガウディあたりでしょうか。

逃げるモルフェオルフェと競るような馬もいなさそうなので、ペースはミドルペースになると思います。

予想

本命 ヴァンドギャルド

2歳から3歳時の春先は中距離をメインに使われていましたが、気難しいところのある馬で成績が安定しませんでした。

アーリントンカップでかかってしまい9着に敗退した後に休養。

そして9月の復帰から3連勝でこのレースに挑戦してきました。

復帰してからのレースぶりは休養前よりも落ち着きが出て、気性難が嘘のような安定ぶりです。

特に強さを感じさせたのは2走前の三年坂特別。

道中は馬群の中で我慢し、直線あっさりと馬群を割って抜け出してきて後続を突き放して完勝しました。

前走ウェルカムステークスでは少しだけ掛かりそうな場面もありましたが我慢することができ、重馬場にもかかわらず直線しっかり伸びて1着。

本来は良馬場のほうがいいタイプの馬で、気性も成長し良馬場が見込める今回はねらい目だと思います。 

2歳時から一線級と戦ってきた馬なので、条件戦を勝ち上がってきてからの重賞挑戦でも格負けするとは思えません。

2枠という好枠を引いたので、好位ラチ沿いで我慢して直線一気に弾けて欲しいと思います。

ヴァンドギャルド以外はどれが来るかさっぱりわからないので、対抗以下は挙げません。

僕の買い目

単勝 ②ヴァンドギャルド

ゆんつ
単勝勝負!

もともと素質が高い馬でしたが気性難で出世が遅れました。

休養中にだいぶ気性が成長し、マイルを中心に使われるようになって安定してきました。

今年のマイル路線を賑わす1頭だと思っているので、単勝だけ買って応援します。

うま
いい加減当てろよ

結果

②ヴァンドギャルドは6着でした。

出遅れ、直線で前が詰まるなど不運が重なりました。

きっと僕が本命にしたせいです(笑)

ゆんつ
日本一の逆神です

でも来週は自信があります!

うま
嘘つけ
ゆんつ
それでは、また来週