【2020年】スプリングステークス予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年3月22日(日)中山競馬場で皐月賞のトライアルレース、G2「スプリングステークス」が行われます。

ここ10年の傾向で言えば、同じトライアルレースの弥生賞よりも皐月賞の勝ち馬を多く出しており見逃せない1戦です。

去年のホープフルステークでコントレイルの2着となったヴェルトライゼンデが圧倒的な人気を集めそうですが果たしてどうなるでしょうか?

今回は弥生賞を予想します。

出馬表

展開予想

逃げるのはアオイクレアトールだと思います。

そして2番手にエン。

好位から中団にかけてヴェルトライゼンデ、ファルコニア、ココロノトウダイ、サクセッション。

後方からガロアクリークといった感じになるんではないでしょうか。

アオイクレアトール以外に逃げたい馬はいないと思うので、ペースは落ち着いてややスローになるような気がします。

予想

本命 サクセッション

前走のジュニアカップは1000m通過が57.7というやや速めのペースのレースでした。

そのレースでは中団から競馬を進め、3コーナー過ぎで一気に外をまくって位置取りを上げて4コーナーでは先頭集団に取り付きました。

勝負処で一番最初に動いたにもかかわらず、直線でも全く脚色が鈍ることなく2着以下を2馬身突き放して完勝。

馬体は10キロ増でしたが、すべて成長分といった感じで申し分のない勝ち方でした。

ゆんつ
ちなみに2走前も10kg増です。ここ2走で合計20kg増えてて育ちざかりです。

この時に負かしたハーモニーマゼランは、次走のクロッカスステークスで後にファルコンステークスで2着となるラウダシオンの2着になっています。

3走前のアスター賞では逃げて1着、前走のジュニアカップは中団からまくって1着とレースに自在性があるのもいいです。

これまで1,600mしか走った経験がなく生粋のマイラーかもしれませんが、中山の1,800なら立ち回り次第でマイラーでもこなせると思います。

とにかく仕掛けられてからの反応がとてもいい馬で、どこからでも競馬ができます。

中山コースは2戦2勝と相性バッチリ!

前走のように中団待機から4コーナーあたりで先頭集団に接近し、最後の直線で抜け出してくれることを期待します。

対抗 ヴェルトライゼンデ

前走のホープフルステークス。

中団馬群でレースを進め直線も伸びてきたのですがコントレイルには完敗の2着。

それでも3着にはきっちり2馬身の差を付けました。

その2馬身差を付けた馬が先日弥生賞で2着となったワーケアですので、価値があると思います。

どんなレースになっても最後は堅実に伸びてくる馬で、距離はもっと長いほうが良さそうですが1,800くらいならこなしてくれると思います。

勝負処での反応がサクセッションのほうが良い気がするのでサクセッションを本命にしましたが、この馬も強いと思います。

連下 ココロノトウダイ

2走前のキンモクセイ特別では前半は中団を追走。

3コーナー過ぎからはとてもいい手応えでほぼ持ったままで一気に先頭を走るエヴァーガーデンに並びかけました。

そこからゴールまで2頭のマッチレースとなり、最終的には2分の1馬身差でココロノトウダイが先着しました。

着差こそ2分の1馬身差でしたが着差以上の完勝に見えました。

前走の共同通信杯はスローペースを前で競馬したものの、直線あまり伸びずに5着と奮いませんでしたが、休養明けで馬体重が12kg増えていたことも影響していたと思います。

きんもくせい特別の勝ち方をみると、1800mならもっとやれてもいい馬だと思います。

僕の買い目

単勝 ⑨サクセッション

馬単 ⑨サクセッション → ③ヴェルトライゼンデ

3連単 ⑨サクセッション → ③ヴェルトライゼンデ → ④ココロノトウダイ

以上です。

サクセッションが1,800mをこなせるのか。

注目したいと思います。

結果

1着 ⑦ガロアクリーク
2着 ③ヴェルトライゼンデ
3着 ⑨サクセッション
4着 ⑤ファルコニア
5着 ⑧アオイクレアトール

サクセッションは3着、ヴェルトライゼンデは2着、ココロノトウダイは7着でした。

うま
当たらないねえ君は

前走のレースなどもチェックしたのですが、ガロアクリークがここまで走るとは思っていませんでした。

やはり外国人ジョッキーへの乗り替わりは注意が必要ですね。

ゆんつ
それでは、また来週