【2020年】皐月賞予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年4月19日(日)中山競馬場で牡馬クラシック第一弾のG1「皐月賞」が行われます。

トリッキーな中山コースのため、2000mのレースであるにもかかわらず過去の勝ち馬を見ても後にマイル戦線で活躍するような馬でも上位争いができるレースになっています。

今年はマイル戦ばかりを強い競馬で3連勝しているサリオスが出走してきますが、はてさてどうなるでしょうか?

また有力どころのサリオス、コントレイルは去年の暮れから間隔をあけての本番ぶっつけのレースとなります。

トライアルレースを使ってきた馬と、本番ぶっつけの馬とどちらがいい成績を残せるのかも興味があります。

今回はそんな「皐月賞」を予想します。

出馬表

展開予想

調教師が逃げ宣言をしているので、逃げるのはキメラヴェリデでしょう。

逃げるキメラヴェリデを見ながらウインカーネリアン、コルテジアあたりが2,3番手を追走。

好位集団にコントレイル、サリオス。

中団やや前にダーリントンホール、ヴェルトライゼンテ、ラインベック。

中団から中団後方にかけてサトノフラッグ、マイラプソディ、ガロアクリーク。

そして後方待機がブラックホール、クリスタルブラックといった隊列になるのではないでしょうか。

逃げるキメラヴェリデに競りかけそうな馬はいませんが、ペースをあまり落としすぎるとウインカーネリアンにハナを奪われかねないので、ペースはミドルペースになると思います。

予想

本命 サトノフラッグ

前走の弥生賞。

道中は中団やや後方に待機し、勝負所からほとんど持ったままで外目を通ってポジションを上げ4コーナーでは早々と先頭集団の外目に取り付きました。

直線に入るとすぐ先頭に立ち、追ってくるワーケアをゴール前で突き放して1着。

この弥生賞は重馬場で、新馬戦を重馬場で負けていたので不安がありましたが、そんな不安を吹き飛ばすような快勝でした。

前々走の1勝クラスのレースも皐月賞と同じ中山2,000mのレースでしたが、勝負処で馬群を縫って位置取りを上げて3番手で直線に向き、直線で早々に先頭に立つと、あとは後続を3馬身引き離す圧勝でした。

中山2000mをすでに2回経験済みで2回とも文句のない勝ち方。

この経験は他の馬に比べて大きなアドバンテージだと思います。

この馬は加速がついてくるとフォームがグッと沈み込んで態勢が低くなります。

その姿がいかにもスピードがありそうな走る馬のフォームで、将来性は相当高いと思います。

デビュー戦こそ負けていますが、その後は3連勝。

この皐月賞が4連勝目になるかもしれません。

弥生賞を快勝した時点で本命にすることは決めていました。

今回は別路線から強い馬が参戦してきますが、ここも勝てると思います。

本命です。

対抗 コントレイル

前走のホープフルステークス。

4番手から競馬を進め、勝負処で他の馬たちの騎手が手を動かしながら仕掛けて位置取りを上げているのを尻目に、この馬はほぼ持ったままで位置取りを上げてきました。

2番手で直線に向くとあっさり先頭に立ち、ゴール前軽くムチを入れただけで後続を寄せ付けずに完勝しました。

勝ち方に余裕があり、他の馬との力の差を感じさせました。

圧巻は前々走の東京スポーツ杯2歳ステークス。

淀みないペースのレースを中団外目で追走し、直線は馬場の真ん中を1頭だけ別次元の脚色で伸びてきました。

後にきさらぎ賞3着、毎日杯2着となるアルジャンナを5馬身ちぎってレコードで圧勝。

相当な能力を持った馬だと思います。

休養明けのレースになりますが、皐月賞にあわせて順調に調教を積んでおり全く問題ないと思います。

ただ1つ気になるのは距離です。

新馬戦(1800m)を勝ったときの福永騎手のコメントには

スピードが勝っているところがあるので、距離はさらにやってみないとわかりません

という部分があり、東京スポーツ杯2歳ステークスを勝ったときの矢作調教師のコメントでも

厩舎も福永騎手も1800mがギリギリだと話していたので想像を超える走りでした

という部分がありました。

その後、中山2000mのホープフルステークスを勝っているので距離は持つと思いますが、どうしても新馬と東京スポーツ杯2歳ステークスでの距離に関するコメントが気になるのです。

ゆんつ
過去のコメントが不安・・・

この点から本命ではなく対抗とします。

連下 ヴェルトライゼンテ

前走のスプリングカップは1000m通過が63.2の超スローペースのレースでした。

完全に上がりの競馬になってしまい、長くいい脚を使うこの馬は鋭い切れ味をもつガロアクリークに負けてしまいました。

ゆんつ
完全な切れ負けです

レース後に池添騎手が「小回りコースなら2000mくらいに延びたほうがいい」とコメントしていたように距離が長いほうが良い馬で、1,800mという距離も短かったと思います。

休み明けをひと叩きされて前回より反応も良くなると思います。

ホープフルステークスではコントレイルに子ども扱いされてしまいましたが、この時期の3歳馬は伸び盛り。

あの頃よりは差も縮まっていると思います。

長くいい脚を使う馬なので、ペースがそこそこ流れてくれれば台頭してくる可能性は十分あります。

この馬を連下にします。

予想

単勝 ⑤サトノフラッグ

馬単 ⑤サトノフラッグ → ①コントレイル

3連単 ⑤サトノフラッグ → ①コントレイル → ⑰ヴェルトライゼンテ

人気になりそうなサリオスですが、マイルなら相当強そうですが「初めての2000m」「初めての中山」と「初めて」なことが2つもあり、おかつ休養明けというのが引っかかるので馬券には入れません。

サトノフラッグと心中です!

ゆんつ
どの馬が最初の1冠を手にするか!

結果

1着 ①コントレイル
2着 ⑦サリオス
3着 ⑯ガロアクリーク
4着 ⑧ウインカーネリアン
5着 ⑤サトノフラッグ

サトノフラッグは5着、コントレイルは1着、ヴェルトライゼンテは8着でした。

というわけで外れました。

うま
かすりもしねえな!

レースを振り返ってみるとサトノフラッグは完全な力負けです。

コントレイルとサリオスはこれまで走ってきたレースで好タイムをマークしたことがあるように力が上位でしたね。

完全に馬の実力を見誤りました。

でも、この失敗を次に生かしたいと思います。

ゆんつ
それでは、また来週