【2020年】大阪杯予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年4月5日(日)阪神競馬場でG1「大阪杯」が行われます。

G1昇格してからは、今回で4回目となります。

ここ3年のデータでは前走が「金鯱賞」である馬が2勝。

前走が「有馬記念」である馬が1勝しています。

今回は前走が金鯱賞の馬は2頭(サトノソルタス、ロードマイウェイ)いますが、前走が有馬記念の馬は1頭もいません。

さてさて、どうなるでしょうか?

今回は「金鯱賞」を予想します。

出馬表

展開予想

出馬表を見ても逃げ馬が見当たりません。

おそらくジナンボーかステイフーリッシュあたりが押し出されるようにして先頭に立つと思います。

それを見ながらサトノソルタス、ダノンキングリー、クロノジェネシスあたりが好位集団を形成。

中団をラッキーライラック、ブラストワンピース、ワグネリアンあたりが追走。

後方で脚をためて3コーナー過ぎからのまくり勝負にかけるのがマカヒキ、ロードマイウェイあたりになるのではないでしょうか。

ペースはスローペースで3ハロン過ぎからのロングスパートが必要になるレースになると思います。

予想

本命  ラッキーライラック

前走、海外遠征帰りで休養明け緒戦の中山記念は2着。

中山記念の前のレースが2400mでそこから一気に600mの距離短縮で、かつ、休養明けのレースだったこともあり3コーナーでの反応がイマイチでしたが、それでも直線は最後まで伸びて2着。

特にゴール前50mくらいから前をいくソウルスターリングを交わすまでは目立つ脚色で伸びており

ゆんつ
もっと距離があればなあ

と思わせる走りでした。

去年のエリザベス女王杯で一時期の不振から脱却し、それからは牡馬相手でも海外遠征でも崩れなくなってきました。

多少ズブさが出てきた感はありますが、2000mならそれが良い方向に作用すると思います。

鞍上も追えるデムーロ騎手なので、中山記念より200m伸びた今回はダノンキングリーを逆転できると思いますし他の馬にも負けないと思います。

また牝馬なので男馬より斤量が2kg軽いことも有利に働くと思います。

よってこの馬を本命にします。

対抗 クロノジェネシス

前走の京都記念。

馬体重は12kg増でしたが全く太め感がありませんでした。

重馬場でのレースとなりましたが3番手の好位からレースを進めて、直線半ばで先頭に立つと後続をまったく寄せ付けずに完勝しました。

レースが重馬場で行われたので重馬場の巧拙の差もあるとはおもいますが、それにしても強い勝ち方でした。

3歳時は430kg台で走っていた馬ですが前走は460kg。

まさに今が成長期と言わんばかりです。

3歳時に戦ってきた牝馬はジャパンカップで2着したカレンブーケドールや先週の高松宮記念を2着したグランアレグリアなど、牡馬相手のG1でも全く引けを取らない牝馬ばかり。

このレースに出走する牡馬と比べても全然ひけをとらないと思います。

ラッキーライラック同様に牝馬なので牡馬にくらべて2kg斤量が軽いのも有利です。

阪神競馬場は阪神ジュベナイルフィリーズ2着、桜花賞3着と相性も悪くありません。

ラッキーライラックとの力の比較では甲乙つけがたく、どちらを本命にしてもいいくらいです。

ただ、ラッキーライラックは去年から牡馬との古馬混合重賞(中山記念2回、香港ヴァーズ)で全て2着と一応の結果を残しています。

クロノジェネシスは牡馬との古馬混合重賞は重馬場の京都記念1回だけです。

これまでの牡馬との戦いの回数などを考慮しラッキーライラックを上にみました。

よってこの馬は対抗にします。

連下 マカヒキ

2019年、2017年の大阪杯で4着しています。

その2戦はいずれも後方から競馬を進めて、直線勝負で追い込んで届かずといった競馬でした。

今回は短期免許のヒューイットソン騎手が騎乗します。

騎乗を見ていると、勝負所で比較的早めに仕掛けてくる印象があります。

これまでの大阪杯はじっくり構えて直線勝負で4着までが精一杯でしたが、ヒューイットソン騎手はもうすこし思い切った早めの仕掛けをしてくれそうな気がします。

4コーナーで先頭集団の近くにいてくれれば、長くいい脚を使えるこの馬の特性が生きると思います。

近走は不振が続いていましたが去年のジャパンカップの最後の直線で、復調をうかがわせるような伸びを見せて4着でした。

馬券内に飛び込んできてもおかしくない馬だと思います。

以上のことから連下に推したいと思います。

僕の買い目

単勝 ⑤ラッキーライラック

馬連 ⑤ラッキーライラック – ⑫クロノジェネシス

馬単 ⑤ラッキーライラック → ⑫クロノジェネシス

3連複 ⑤ラッキーライラック – ⑫クロノジェネシス – ⑨マカヒキ

3連単 ⑤ラッキーライラック → ⑫クロノジェネシス → ⑨マカヒキ

ゆんつ
牝馬の強さを見せてやれ!

というわけで牝馬2頭を中心に賭けたいと思います。

人気になりそうなダノンキングリーですが、僕はこの馬を

ゆんつ
トライアルホース(前哨戦に強くて本番はイマイチ)なんじゃないの?

と思っています。

共同通信杯を強い勝ち方をして皐月賞では3着。

毎日王冠も強い勝ち方でマイルチャンピオンシップは5着。

こんな感じで前哨戦は強く、本番では着順を落とすのです。

中山記念の勝ち方はとても強かったです

でも僕はまた本番の大阪杯で着順を落としそうな気がするので、買い目にはいれません。

うま
喜べ!ダノンキングリー!こいつが馬券から外したから勝てるぞ!
ゆんつ
・・・

結果

1着 ⑤ラッキーライラック
2着 ⑫クロノジェネシス
3着 ⑧ダノンキングリー
4着 ⑪カデナ
5着 ④ワグネリアン

というわけで、単勝、馬連、馬単が的中しました!

ゆんつ
ころがし馬券の複勝も的中したよ!
うま
珍しいこともあるもんだ

馬単が1,970円もつくとは思っていなかったので、とても嬉しいです。

あとは3連系がズバッと当たってくれればいいんですが、それはまたの機会にお預けです。

暖かくなってきて馬券の調子も上がってきました。

来週も頑張ります!

ゆんつ
それでは、また来週