【2020年】NHKマイルカップ予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年5月10日(日)東京競馬場でG1「NHKマイルカップ」が行われます。

去年の朝日杯フューチュリティステークスを勝ったサリオスはダービーに出走するのでこのレースには出ませんが、トライアルレースの勝ち馬などに加えて桜花賞2着馬のレシステンシアが参戦する楽しみなメンバーとなりました。

去年と一昨年のこのレースでは2着馬が毎日杯組、3着馬がアーリントンカップ組でした。

「二度あることは三度ある」ということわざがありますが、今年も同じ結果となるでしょうか?

また今年に入って開催されたG1は全て8枠が馬券対象となっております。

これが、このレースでも継続するのかも楽しみの1つです。

今回は「NHKマイルカップ」を予想します。

出馬表

展開予想

逃げるのはレシステンシアだと思います。

そして好位にプリンスリターン、ハーモニーマゼラン、ラウダシオン、ソウルトレイン。

中団からシャインガーネット、ギルテッドミラー、サクセッション、ストーンリッジ。

中団やや後方にサトノインプレッサ、ルフトシュトローム。

後方待機がウイングレイテストだと思います。

レシステンシアが逃げればスローペースにはならないと思うので、ややハイペースになると思います。

予想

本命 シャインガーネット

前走のファルコンステークス。

中団馬群で競馬を進め、直線では1番人気のラウダシオンとともに伸びてきて、ゴール前でラウダシオンを突き放して快勝しました。

ラウダシオンは1400mなら結構強い馬なのですが、それを相手にしませんでした。

重馬場でありながら勝ちタイムは1:21.5。

過去のファルコンステークスの勝ちタイムと比べても悪くないタイムです。

さらに強調したいのは3走前に勝った「赤松賞」。

ここで負かしたチェーンオブラブ、スマイルカナは桜花賞に出走し、スマイルカナは桜花賞でも3着になっています。

それ以外にも、レベルの高かったチューリップ賞で4着したイズジョーノキセキがいたりと「赤松賞」で負かした馬たちは結構強いのです。

着差こそ僅かでしたが今回と同じ東京1600mで強豪を倒したところにこの馬の能力を感じます。

左回りは2戦2勝なのも心強いです。

ファルコンステークス組はNHKマイルカップとは相性が良くありませんが、そのデータを破ってほしいと思います。

この馬が本命です。

対抗 レシステンシア

前走の桜花賞は道悪の中を健闘しましたが、ディアリングタクトという規格外の強さを持つ馬に最後はねじ伏せられて2着となってしまいました。

そうはいっても3着のスマイルカナには1馬身以上の差をつけており、この世代の牝馬のトップであることは変わりません。

今年の3歳牝馬はレベルが高く、そのレベルが高いメンバーのなかで常に上位争いしているこの馬はかなり能力が高いんだと思います。

チューリップ賞で3着になったときのようにスローの上り勝負には向いていません。

平均以上のペースで淡々と逃げて後続に脚を使わせ、自身は長くいい脚でゴールまで粘りこむような長所を生かしたレースをしてほしいと思います。

僕はレシステンシアが逃げてレースを作ると思いますが、もし何か他に行く馬がいれば2、3番手に控えても競馬ができます。

自在性があり、速いペースのレースになっても止まらない持続力を持っているこの馬が対抗です。

連下 ウイングレイテスト

前走のニュージーランドトロフィー。

後方から競馬を進め、4コーナー手前から外を回ってポジションを上げていましたが、4コーナーで勝ち馬のルフトシュトロームに内側から張られてしまいました。

その結果、4コーナーでは大きく外にふくらんでしまいました。

かなり大きな不利だったとは思いますが、そこから立て直すとよく伸びてきて最後までルフトシュトロームに食らいついて3着。

不利が無ければ勝っていてもおかしくない内容で、本番に向けてかなり希望が持てるレースでした。

4走前のデイリー杯2歳ステークスで2着になっているように、持っている能力は間違いなく重賞級です。

今回は大外枠の18番枠を引いてしまいましたが、NHKマイルカップでは過去4年8枠が馬券対象になっており、そのうち大外を18番枠は2回馬券対象になっているのも心強いデータです。

また今年のG1は全て8枠が馬券対象となっているのも、それを後押ししてくれます。

この馬を連下にします。

予想

単勝 ⑤シャインガーネット

複勝 ⑤シャインガーネット

馬連 ③レシステンシア – ⑤シャインガーネット

馬単 ⑤シャインガーネット → ③レシステンシア

3連複 ③レシステンシア – ⑤シャインガーネット – ⑱ウイングレイテスト

3連単 ⑤シャインガーネット → ③レシステンシア – ⑱ウイングレイテスト

牝馬2頭が中心の馬券です。

僕は個人的に現在の競馬は牝馬と牡馬の力差はないと思っているので、2kg斤量が軽い分牝馬が有利だと思っています。

うま
お前の予想が2kg以上の重りになるぞ
ゆんつ
大阪杯の時みたいに牝馬のワンツーでお願い!

さて、どうなりますことやら。

結果

1着 ⑪ラウダシオン
2着 ③レシステンシア
3着 ⑥ギルデッドミラー
4着 ①タイセイビジョン
5着 ⑭ルフトシュトローム

シャインガーネットは6着、レシステンシアは2着、ウイングレイテストは7着でした。

というわけで外れです。

ラウダシオンは距離が1ハロン長いと思っていて全くのノーマークでした。

大阪杯が的中して以降、馬券が全然当たらなくなってしまいました。

ゆんつ
当たりが懐かしい・・・

まるで暗闇を歩いているようです。

当たりという灯りを求めて来週も頑張ります・・・

ゆんつ
それでは、また来週