【2020年】根岸ステークス予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年2月22日(日)東京競馬場でG3「根岸ステークス」が行われます。

去年の勝ち馬コパノキッキングや今回が初ダートとなる2018年の安田記念の勝ち馬モズアスコットが出走するなど、この後のフェブラリーステークスにつながる興味深いレースになりそうです。

そんな「根岸ステークス」の予想をします。

出走表

展開予想

大外から⑯ドリームキラリがハナにたち⑬ヨシオと⑥ワイドファラオが追う展開になると思います。

⑤コパノキッキングは好位4,5番手あたり。

③ミッキーワイルド、⑪モズアスコットはコパノキッキングを見ながら中団あたりからのレースを進めると思います。

中団やや後方には④ワンダーリテールや⑮ダノンフェイス。

後方待機で直線勝負にかけるのが⑫アードラー、⑦スマートアヴァロンだと思います。

逃げるドリームキラリに強引に競りかける馬がいるとは思えないので、ペースはミドルペースになると思います。

予想

◎ ⑯ドリームキラリ

前走スタート直後にサルサディオーネに競られて、ややオーバーペースの逃げとなりました。

そのために4着に沈みましたが、勝ち馬のミッキーワイルドに交わされてからも大きく離されることなくしぶとく掲示板内に粘りこんできました(競ったサルサディオーネは13着)。

今回のレースではこの馬以外で必ずハナに立ちたいような馬がいない気がします。

大外枠にはなりましたが、無理に競りかけてくる馬もなくそれほど苦労せずにハナに立てると思います。

人気もないので、この馬がハナにたってもわざわざ潰しに来る馬がいると思えません。

後ろからのプレッシャーがなければペースも少しは落とせて、前走よりもペース的には楽に逃げられて、直線でも前走よりよく粘れそうな気がします。

また、この馬は同競馬場の同距離で行われた欅ステークスでは59kgを背負って僅差の2着になっています。

今回は56kg。

このあたりも僕にとっては買い材料になっています。

後続の馬たちがこの馬を軽視してほったらかしにしてくれるのを幸いに、あれよあれよと逃げ切ってしまうことを期待します。

〇 ⑮ダノンフェイス

前走のすばるステークスでは直線よく伸びて2着の馬を1馬身離して完勝でした。

500キロを超えるいかにもダート向きのパワーがありそうながっちりとした馬体で、7歳の今になってようやく充実期を迎え成績が安定してきたような気がします。

同じ競馬場の同じ距離で行われた2017年の霜月ステークスでも完勝しているのも好材料です。

左回りへの適性が高く、距離もぴったりで今回はねらい目だと思っています。

△ ③ ミッキーワイルド

3走前の麦秋ステークスは3勝クラスのレースとは言え圧勝で、重賞級の力を持っていることを見せつけました。

その次のG3プロキオンステークスでそれを証明するかのように2着。

前走は4か月の休養明けできっちり勝利。

スマートアヴァロンにだいぶ詰め寄らてしまいましたが、それでも勝ち切ったところにこの馬の成長を感じました。

差し脚堅実で連下にぴったりの一頭だと思います。

僕の買い目

単勝 ⑯

複勝 ⑯

馬連 ⑯ – ⑮

馬単 ⑯ → ⑮

3連複 ⑯ – ⑮ – ③

3連単 ⑯ → ⑮ → ③

以上です。

⑮と⑯は8枠なので、馬連より⑧-⑧の枠連のほうが高い場合はそっちを買うつもりです。

大外枠の2頭ですが、大外は砂を被らなくていいという利点もあります。

是非、頑張ってほしいと思います。

ゆんつ
今週こそ当てたい!

結果

ドリームキラリは14着の大惨敗。

ダノンフェイスは4着。

ミッキーワイルドも11着の大惨敗でした。

ゆんつ
どうやら僕が推した馬は目に見えないおもりが乗っかるようです
うま
推された馬がかわいそう

来週はどの馬におもりを乗っけましょうかね(笑)

ゆんつ
それでは、また来週