【2020年】京都記念予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年2月16日(日)京都競馬場でG2「京都記念」が行われます。

今週末は全国的に雨予報でパンパンの良馬場での開催は難しそうな様相です。

現在天気予報を見ると日曜日の京都地方は80%の雨予報。

このあたりも予想をする上での重要なファクターになりそうです。

出走表

展開予想

確たる逃げ馬がおらず、ステイフーリッシュ、ドレッドノータス、ノーブルマーズあたりが先団を形成しそうです。

その先団を見ながらカレンブーケドール、クラージュゲリエが4,5番手あたり。

さらにその後ろからクロノジェネシス、アルメリアブルームが追走するといった形になりそうです。

逃げてペースを作る馬がいないので、馬群はほぼ一団の団子状態のままスローペースなレースになると予想します。

予想

本命 ⑥アルメリアブルーム

このレースが引退レースの模様です。

この馬は牝馬なのでこのレースを最後にお母さんになるわけですが、この場合「引退レースだから無理に仕上げずに回ってくるだけ」という考え方と、「最後のレースだから次のレースを考えずに思い切り仕上げて渾身のレースをする」という2つの考え方があると思います。

僕は後者の考えです。

去年の有馬記念。

引退レースだったリスグラシューがぶっちぎりで勝ちました。

次のレースのことを考えずに思う存分仕上げたので、あのレースができたのではないでしょうか。

まあアルメリアブルームとリスグラシューでは格が違いすぎますが、僕は引退レースだからこそ思い残すことなく仕上げてくると思っています。

そして、僕が一番重要視するのはこの馬は

渋った馬場が得意

だということです。

前走の愛知杯。

渋った馬場をゴール前グイグイ伸びてきました。

デンコウアンジュがラチ沿いを通って1着になり、この馬は惜しくも2着でしたが勝ちに等しいレースが出来ていたと思います。

デンコウアンジュはムラ駆けの傾向はありますが、ビクトリアマイルで2着の実績もある実力馬です。

その馬に肉薄できたのですから大したものです(斤量がデンコウアンジュより3kg軽かったのも大きな原因ですが)。

この好走の要因も渋った馬場だと思います。

日曜日の京都は雨予報。

もう僕にはこの馬しか見えません。

ゆんつ
君に決めた!

ですのでこの馬が本命です。

対抗 ①カレンブーケドール

4歳牝馬のトップクラスの力を持ち、稍重馬場の秋華賞や重馬場のジャパンカップを2着したように悪い馬場をあまり苦にしません。

いつも安定して力を発揮するタイプで、53kgで走れることも大きな強みです。

普通に走れば複勝圏内を外すことはないように思えます。

予想

単勝 ⑥アルメリアブルーム

複勝 ⑥アルメリアブルーム

馬単 ⑥アルメリアブルーム – ①カレンブーケドール

日曜日が重馬場以上になってくれることを信じて、アルメリアブルーム頭で勝負します!

ゆんつ
引退レースで有終の美を!
うま
がんばれー!

結果

⑥アルメリアブルームは5着

①カレンブーケドールは2着。

ということで外れました。

僕はアルメリアブルームを「重馬場上手」だと言っていましたが、勝ったクロノジェネシスも「重馬場上手」で、なおかつ「とても強い」ことを見落としていました。

うま
おい!
ゆんつ
うっかりしてました

来週はうっかりしないように気を付けます。

ゆんつ
それでは、また来週