【2020年】共同通信杯予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年2月16日(日)東京競馬場でG3「共同通信杯」が行われます。

過去の勝ち馬を見ると後のG1馬も多く、まさに正真正銘の出世レースといって差し支えないレースです。

今年も頭数は少ないながらも将来性の高そうな精鋭が顔をそろえました。

今週末は日本各地が雨予報なので馬場がちょっと心配ですが「共同通信杯」を予想したいと思います。

出走表

展開予想

エンかシコウが前に行くと思います。

ビターエンダー、ダーリントンホール、フィリオアレグロが好位。

それらを見る形でマイラプソディ、シングンバズーカが中団から。

後方から直線に欠けるのがココロノトウダイだと思います。

確たる逃げ馬がおらず、ペースはスローになると思います。

予想

本命 ビターエンダー

僕はこの馬を新馬、未勝利で見た時からかなりの素質馬だと思っています。

前走、京成杯ではスタートでやや遅れ、直線では内にささるような感じで追いづらそうな感じがありました。

それでも立て直してからは伸びてきて、上位2頭には水をあけられましたが3着馬とは差がない4着でした。

あまり器用さを感じないので小回りの中山コースよりも、未勝利を買った左回りの東京コースのほうがあっており、東京コースなら最後の直線も内にもたれずに走れそうです。

2枠という良い枠を引いたので、スタート5分で好位が取れれば、好勝負してくれると思います。

オルフェーブル産駒なので、馬場が渋るのもそれほどマイナスにはならないと思います。

対抗 フィリオアレグロ

デビュー戦は重馬場でした。

好位から競馬を進め、直線では先に抜け出して、あとから追ってきた1番人気の評判馬レッドルレーヴとの追い比べ。

結果は先に抜け出していたフィリオアレグロが最後やや詰め寄られたものの押し切りました。

2着のレッドルレーヴとは1/2馬身差でしたが、3着には6馬身もの差をつけてます。

スッと好位が取れるセンスの良さ。

追われてからしっかり伸びる。

という、まるで古馬のような上手なレースをすることができる馬で、キャリア1戦ですが力とセンスを兼ね備えていると思います。

今年のクラシックの有力馬だと思っているので、4か月の休養明けでもこの馬を対抗に推したいと思います。

デビュー戦が重馬場だったように、悪い馬場は苦にしないと思います。

予想

単勝 ②ビターエンダー

複勝 ②ビターエンダー

馬連 ②ビターエンダー – ⑦フィリオアレグロ

馬単 ②ビターエンダー – ⑦フィリオアレグロ

東京なら走りが全然違うと思っているので、ビターエンダー軸で勝負します。

マイラプソディは後ろから行って差せないような気がするので買いません。

ゆんつ
当たれ!

結果

②ビターエンダーは2着。

⑦フィリオアレグロは3着でした。

ということでビターエンダーの複勝だけ的中しました。

ゆんつ
当たった!当たった!わっしょい!わっしょい!
うま
複勝があたっただけでこの喜びよう(笑)

ブログで予想を開始してから初の当たりです!

「伝説の幕開け」といっても過言ではありません!

うま
大げさなんだよなぁ

来週もご期待ください。

ゆんつ
それでは、また来週