【2020年】きさらぎ賞予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年2月9日(日)京都競馬場でG3「きさらぎ賞」が行われます。

これからクラシックレースに向かう3歳馬の出世レースとして名高く、菊花賞と有馬記念を制したサトノダイヤモンドもこのレースを制しています。

今年はどんな若駒がこのレースを制するのでしょうか?

今回は「きさらぎ賞」を予想します。

出走表

展開予想

ギルベルティが逃げて、好位からコルテジア、トゥルーヴィル、ストーンリッジ。

アルジャンナが好位の直後で、中団からサトノゴールド。

後方待機がグランレイだと思います。

確たる逃げ馬もおらず、ペースはかなりスローで流れると思います。

予想

◎ ⑧アルジャンナ 

断然人気ですが、このメンバーでは力が違いすぎると思います。

前走の東京スポーツ杯2歳ステークスでは敗れはしましたが、負けた相手はデビューから3連勝でホープフルステークスを制したコントレイルなのです。

負けはしましたが最後までしっかり伸びており、相手が悪かったとしか言いようがありません。

3着以下は突き放しているので、この馬の能力もかなりのものです。

このレースはまず落とさないと見ています。

ゆんつ
人気だけど仕方ない

〇 コルテジア

稍重ですが京都1,800mの未勝利戦勝ちをしている馬です。

2走前のデイリー杯2歳ステークスで大敗しましたが、逃げていたら2番人気のサクセッションに早めに絡まれしまったことが原因です。

前走では控える競馬をして上位2頭から離されはしましたが3着。

ちょっとずつレースぶりが進歩しています。

キャリア5戦でメンバー中最多ということも、1戦1勝とキャリアが浅い馬が3頭出ているこのレースでは強みになるような気がします。

スローペースになるとおもうので、1枠を利用して好位のラチ沿いを進み、早めに抜け出しての粘り込みを期待します。

僕の買い目

馬単 ⑧ – ①

ゆんつ
馬単一本勝負!

このレースはアルジャンナに逆らえないレースだと思っています。

アルジャンナを軸にすると配当が低くなるのは当然なので、遊び程度にしか買いません。

馬券云々よりも、クラシックレースに向けて各馬がどんなレースをするかを見極めたいと思います。

結果

本命にした⑧アルジャンナは3着

対抗の①コルテジアは1着でした

うま
あらら

スローペースだったとはいえ、このメンバーでアルジャンナが取りこぼすとは思いませんでした。

ブービー人気のコルテジアを対抗にすることができたのに、馬券は当たりませんでした。

ゆんつ
もう嫌だ・・・

でも、気持ちを切り替えて来週は頑張ります!

ゆんつ
それでは、また来週