【2020年】フェブラリーステークス予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年2月23日(日)東京競馬場でG1「フェブラリーステークス」が行われます。

ダート王者を決める今年最初のG1レースです。

前走の根岸ステークスを初ダートで完勝したモズアスコット。

去年の覇者インティ、一昨年の覇者ノンコノユメなど多士済々のメンバーが揃いました。

今年は初のG1をどの馬が制するのか?

今回はフェブラリーステークスを予想します。

出走表

展開予想

確固たる逃げ馬がいないのでワイドファラオ、ケイティブレイブあたりがハナに立ちそうです。

その2頭のなかでも、ケイティブレイブが外枠で芝部分を長く走れるのでハナに立ちそうな気がします。

先団直後の好位グループにインティ、アルクトス、サンライズノヴァ。

中団からミッキーワイルド、モズアスコット。

後方から競馬を進めるのがヴェンジェンス、キングズカード、ノンコノユメあたりではないでしょうか。

速いペースで逃げる馬がいないので、ペースは落ち着いてミドルペースからスローペースになるような気がします。

予想

本命 ③ワイドファラオ

3走前の「みやこステークス」では勝負所でゴチャついて5着。

2走前のチャンピオンズカップは大敗。

でも、前走の根岸ステークスは直線でいったん先頭に並びかけそうになるシーンもあり復調気配をうかがわせました。

ゆんつ
1,400mの根岸ステークスは忙しい印象もありました。

3歳時に同じ競馬場、同じ距離のユニコーンステークスを勝っており、この距離のダートは得意です。

芝ダート兼用の馬なので、スタート部分が芝コースになる東京の1600mダートは絶好の舞台と言えます。

ユニコーンステークスを見てもわかるように、調子さえ良ければ前に行ってかなりしぶとい脚を使う馬で、後続の馬に交わされそうで交わされません。

ペースが速くなりそうにない今回は、先行して早目先頭からの粘り込みが期待できると思います。

対抗 ⑤インティ

3走前の「みやこステークス」ではハイペースに巻き込まれて大敗したものの、その後のチャンピオンズカップ3着、東海ステークス3着と堅実に走っています。

しかも前走の東海ステークスでは道中は中団に待機し勝負所からジワジワと押し上げていって直線でもしっかり伸びるという、これまでの前に行って粘り込みを図るレースとは一味違った味のあるレースをしました。

きっと、その経験が今回の競馬に生かされると思います。

左回りのほうが競馬がしやすい馬で、フェブラリーステークスの舞台となる東京の1600mはベストの条件です。

好位から競馬を進めて、直線しっかりと伸びてくることを期待します。

これまでのG1戦線で戦ってきた馬のレベルから見て好勝負必至だと思います。

僕の買い目

単勝 ③ワイドファラオ

複勝 ③ワイドファラオ

馬連 ③ワイドファラオ – ⑤インティ

ワイド ③ワイドファラオ – ⑤インティ

これで勝負したいと思います。

ゆんつ
ペースが落ち着いて中団以降の馬は来ないと予想します!
うま
さて、どうなることやら

結果

レースはモズアスコットが完勝し

③ワイドファラオは12着。

⑤インティは14着でした。

うま
ひどい・・・

まずペースなんですが、アルクトスとワイドファラオがやりあって僕の予想とは真逆のハイペースになりました

結果的に中団から後方にいた馬が1着から4着までを占める結果となりました。

ゆんつ
完全に予想と真逆になりました

僕はテレビ観戦しながらレースの前半800mで

ゆんつ
これはもう駄目だ・・・

と早々に終戦ムードでした。

でも外れるときは全くかすらないくらいスパッと外したほうが未練が無くて良いです。

うま
いつもそうじゃないか

来週の僕を見ていてください。

ゆんつ
それでは、また来週