【2020年】京成杯予想

こんにちは、ゆんつです。

2020年1月19日(日)中山競馬場で「京成杯」が行われます。

皐月賞と同じ距離・コースで行われるため、クラシックを狙う素質馬が出走してくるレースです。

そんな京成杯を予想したいと思います

出馬表

展開予想

前走において逃げの競馬をしていたのは④ロールオブサンダー、⑧ヒュッゲ、⑫スカイグルーヴの3頭です。

このうち⑫スカイグルーヴの前走は新馬戦で、抑えたままでもスピードの違いで先頭に立っていた感じなので逃げ馬がいる今回は先の事も見据えて控えると思います。

④ロールオブサンダーと⑧ヒュッゲはキレ味よりもしぶとくジワジワ伸びる持久力が持ち味なので、この2頭が前に行くと思いますが、おそらく枠が内の④ロールオブサンダーが主張するんじゃないかと思います。

そしてヒュッゲが2番手あたり。

スカイグルーヴとが好位を形成し、ビターエンダーなどその他の馬が中団以降を形成する形になると思います。

淡々としたペースのレースになると思います。

予想

本命

⑪ビターエンダー

新馬戦で3着に敗れていますが、その新馬戦は強さを感じさせるものでした。

1,000mの通過が1分1秒4というスローペースのレースで後方から2番手からの競馬。

直線も大外を回して追い込んできましたが前半のスローペースがたたり3着までが精一杯。

このレースを見て僕は

ゆんつ
負けたけどこの馬強いな!

と思いました。

次の未勝利戦では新馬とはうって変わって早めの位置取りの競馬をして完勝。

その未勝利戦で2着、3着になった馬は、その後の未勝利戦をきっちりと勝ち上がっています。

走る姿も伸びやかで将来性がありそうなこの馬を本命にします。

ただ一つ怖いのは枠順です。

過去10年のデータでは

1枠 1-0-3-10 複勝率28.6% 複勝回収率60%
2枠 0-1-2-14 複勝率17.6% 複勝回収率57%
3枠 1-1-2-13 複勝率23.5% 複勝回収率72%
4枠 1-2-1-14 複勝率22.2% 複勝回収率34%
5枠 2-2-0-16 複勝率20.0% 複勝回収率68%
6枠 2-1-2-15 複勝率25.0% 複勝回収率87%
7枠 0-0-0-20 複勝率0.0% 複勝回収率0%
8枠 3-3-0-15 複勝率28.6% 複勝回収率53%

となってます。

うま
7枠は過去10年で3着にも入ってない・・・

能力は信じていますが、このデータがとても不吉です。

対抗以下

2着以下は全然わかりません。

1番人気になりそうなスカイグルーヴは新馬戦を圧勝しましたが、負かした相手がそれほど強くなくタイムも早くありません。

新馬戦はほぼ馬なりで勝ったので追えばもっとタイムが出たのかもしれませんが、本気で追われた時にどうなのかは未知数です。

1番人気で配当的にも美味しくないので、スカイグルーヴは見送ります。

その他の馬に関してはどれもどんぐりの背比べのような気がします。

買い目

⑪ビターエンダーの単勝

ビターエンダーはとても伸びやかな走りをする馬で、今後の成長が楽しみな奥が深い馬だと思っています。

今回の出走馬の中で一番将来性があると思っているので、⑪ビターエンダーの単勝勝負です。

名前はビターですが、1着になって僕にスイートな気持ちにさせて欲しいと思います。

うま
・・・

結果

勝ったのは1戦1勝で挑戦してきたクリスタルブラックでした。

ビターエンダーは4着。

うま
スイートな気持ちになれた?
ゆんつ
それでは、また来週